ここでは職業別におすすめのお金の借り方について紹介していきます。

 

職業によってお金を借りれるところ、借りられないところとあるので、注意してください。

 

職業別のおすすめキャッシング記事一覧

銀行系カードローンや消費者金融の利用を検討する公務員や会社員の方が増えています。雇用状態や生活状態の変化により、金融機関からの借り入れを検討する方の多くは、銀行系カードローンと消費者金融のどちらから借り入れを行うか気になっていくのが普通なはずです。銀行のカードローンと消費者金融の大きな違いは総量規制になっていきます。年収の3分の1以上の金額の借り入れを検討する場合には、総量規制が適用されることが無...

お金を借りるとすれば、基本的には身分が必要なことが多いですが、各返済状況からみると、特に身分のあるなしにかかわらず返済している人は返済していますので住宅ローンなど多額の金額を借用する場合を除いては、カードローンそしてキャッシングレベルのおカネの貸し借りは身分に関係なく借りることができています。専業主婦でもお金を借り入れすることができるか問題ですが、銀行系カードローンはお金を貸してくれる可能性が高く...

年金受給者がお金を借りる場合、カードローンやキャッシングであれば、年金を安定した収入に含めていることを確認してから申し込む必要があります。金融機関によって扱いが異なっており、年収に含めていないところであれば利用条件に当てはまらないので利用できません。公的融資を受けることも検討してみると良いでしょう。年金担保融資であれば、カードローンやキャッシングよりも金利が低くなっているので返済の負担を抑えること...

自営業、フリーランスなどの人がカードローンやキャッシングでお金を借りることはできるのでしょうか。これは、もちろん可能です。ただし、会社員や公務員などの勤め人と比較すると、どうしても審査のレベルは厳しくなってしまうことは覚悟しておいたほうが良いでしょう。この理由を端的にいうと、いわゆる自称自営業、自称フリーランスの人がどうしても一定割合で含まれてきてしまうためです。実態としてはほぼ無職に近いような人...

近ごろでは、誰でも気軽にお金を借りることのできるカードローンが大きな注目を浴びています。カードローンに申し込む際には審査を受ける必要がありますが、正社員ではないパートやアルバイトも借りることが可能な金融会社も増えているのです。急な出費でできるだけ早くまとまった現金が必要なバイトやフリーターの中でも、定期的な収入がある人はキャッシングサービスを受けることができます。また、使用目的が自由なフリーローン...

最近は、国民の年収が下がってきているため贅沢な暮らしをしていてはお金が足らなくなってしまいます。そのため、今までの生活水準を少し下げて生活する人も少なくありません。ですが、今まで通りお金を使ってしまう人は金欠になるためお金を借りることが必要になってくる場面も少なくないでしょう。あるいは例えば緊急で入院をするような場合にはお金が必要になることもあります。契約社員や派遣社員がお金を借りる場合には、果た...

大学生のような学生の場合には、親や親せきにお金を借りるしかないと思っていませんか?ですが親にお金を借りる以外の選択肢も存在しています。人によっては、学生のうちにお金を借りる必要はないと考える方もいるでしょう。ですが実際にはそのようなことがなく、大学生のときに資金を確保しておくことで社会勉強や企業さらには投資などの選択肢の幅が広がります。そのような選択肢を広げられるようにするためにも、必要な資金を確...

たとえ外国人・外国籍の人であってもカードローンの利用は可能です。日本人同様、定職に就いていて安定した収入を得られていることが条件となるため、まずは何らかのお仕事を捜すようにしましょう。更には、外国人の場合は永住権を取得しているかどうかも重要要件に、そのため短期で旅行に来たけれど途中でお金が足りなくなったという場合に申し込んでも、審査が通過することはなくキャッシングは不可能と思っておいて下さい。どの...

夜職や水商売の方は月によって収入が安定しなくて困ることがあるはずです。カードローンやキャッシングからお金を借りるための基本は、安定的収入を得ていることになります。具体的には毎月一定の収入があることを指しており、月収で10万円あれば借入できると言われています。その証拠に最近のカードローンやキャッシングの多くは、非正規の方に融資してくれる商品が増えてきました。パートやアルバイト、派遣社員に融資してくれ...

トップへ戻る