祖母や旦那など、身内からお金を借りる場合

近頃は色んな場所でスマートフォン決済やカード決済が出来ます。電子マネーも便利になりました。現金を殆ど使わずに生活が送れるようになってきており本当に、お財布を携帯しない人々も多いです。ただ、場合によっては突然現金が必要になる事があります。想定外の出費や忘れていた支払いが来て、なおかつ紙幣しか受け付けてくれない、支払期限は差し迫っている、そんなピンチを迎える事が人生では時々訪れます。

 

そんな時、頼れるのが身内です。数万円程度の紙幣であれば身内に借りた方が最も穏便に済みます。夫婦であれば旦那にとりあえず相談してみましょう。夫婦間なら利子は不要ですし、すぐに調達出来ます。兄弟や祖母に相談するのもオススメです。

 

旦那はお金に厳しい人なので相談を切り出し辛いという方はメッセンジャーアプリ等で活用して、実家の兄弟やおばあちゃんに相談して都合をつけてもらうのがオススメです。また新聞代の支払いで数千円、あるいは端数の硬貨が不足する程度の場合であれば、子供から借りるのも良い選択肢となります。少額とはいえ無断で子供の通帳や貯金箱から拝借するのは親子間でもNGです。しっかりと借りる旨を伝えておき、許可を得た上で使いましょう。

 

友人や職場の人からお金を借りる場合

知人や会社の先輩、友達や恋人など身近な人からお金を借りることは一つの方法として有効です。異性であっても別に構いませんし、同僚や上司から借りるという事を考えても良いでしょう。そうした事のメリットは金利無しで借りることが出来るという事があります。どんな金融機関でも利益を目的としてお金を貸すわけですから金利無しというような事にはなりません。

 

ですが身近な人であれば金利無しが当たり前のように出来るわけですから、これはメリットは大きなものがあります。金融機関で借りるとこの金利によって大きな負担を強いられることになるわけですが、これが無いのですから、まずこの方法は借金をする時にはまず考えるべきといっても良いでしょう。この方法はメンツが気になるという人もいますが、お金を借りなければならないという状況は極めて危険な状態ですから、メンツなどを気にしている事がいられる場合ではないという事を認識する必要があります。

 

金融機関から借金をするという事は、お金がないのにさらに金利負担までしてお金を使うという事になるわけですから、そのような自分をさらに苦しめるような事をする必要はありません。まずは身近なところからが原則だと考えるべきでしょう。

トップへ戻る