お金借りる 申込みの書類

申込みに必要なもの

お金を借りる時に必要なもの

カードローンやキャッシング等でお金を借りる時の必要書類は、50万円以下であれば身分証明書のみです。
単独で身分証明書として使用できるのは、顔写真付きかつ住所が記載された公的書類で、運転免許証やパスポート、顔写真付きの住基カードが該当します。但し住基カードは身分証明書として認めていない業者もありますから、運転免許証やパスポートが無難です。

 

顔写真が無いものや住所が記載されていないもの、例えば顔写真の無い健康保険カードや健康保険証、年金手帳などは、これらとは別に住民票や公共料金の領収書、給料明細等を必要とします。

 

融資金額が50万円を超える場合は、身分証明書の他に収入証明書の提出が求められます。収入証明書として認められるのは、雇用主から発行される源泉徴収票や、役所で発行できる納税証明書です。合わせてマイナンバーカードを必要とする業者も存在します。マイナンバーカードはマイナンバーとは違い、別途管轄の役所で発行してもらう必要があります。

 

個人事業主など法人として融資を受ける場合は、印鑑証明書が必要です。印鑑証明書を発行するには、事前に手持ちの印鑑を役所で実印登録し、別途印鑑登録証明書を発行してもらいます。

トップへ戻る