今直ぐお金が必要な時に最適な方法

今すぐお金が必要で今日現金を要しなくてはならない、という人は最短で即日融資が受けられる金融機関を利用することができますので申し込んではいかがでしょうか。消費者金融や銀行系カードローンなどは、即日融資をうけることが出来ますし審査の申し込みもインターネットで簡単に行うことが出来ます。

 

例えば給料日前でお金が足りなくなってしまった、という時でもパソコンが無くても携帯で申し込みが可能ですし緊急の時でも外出先から融資の依頼が可能ですので安心です。利用する金融機関によっては、金利がかからずに借りた分だけ返済すればよいというところもあります。

 

多くの金融機関では初回の利用に限り即日融資で金利手数料が無料というサービスを提供しています。それまで消費者金融などから融資をうけたことが無かった方は利用することでその日のうちに現金を受け取ることが出来ます。金融機関のホームページでは融資が可能かの簡易的なシミュレーションをすることが出来ます。自分が融資をうけられるかを確認したうえでネットから申し込みをすれば無駄がありませんし、最短で1時間以内で融資をして貰える業者もありますので急にお金が必要になった時に最適な方法です。

 

誰にも内緒でカードローンを作りたい場合

急にお金が必要になったけれど手持ちがない、銀行口座にも貯金がないという場合は金融機関からお金を借りることを検討するかもしれません。この場合、お金を借りることは誰にも知られたくない、親にばれないことや旦那に内緒で借りられることが必須条件というのなら、どのような方法があるのでしょうか。

 

お金を借りに行く行動がバレずにすむ方法は、今ならやはりインターネットで申し込むことがお勧めです。web完結なら店舗に出向く必要もないので友人や知人に見られてしまうこともなく、電話連絡や郵便物の郵送もない場合があり親や旦那など家族にバレないで借りることが可能です。

 

ただし、これはその金融機関によって条件が異なるので、契約する際は慎重になったほうが良いでしょう。電話での在籍確認が必要になると家族にバレてしまう可能性がありますし、利用明細が送られてくる金融機関ならこちらも自宅に届くので危険です。利用明細はインターネット上で受け取るようにするか、明細が送られてこない金融機関を選ぶ必要があります。

 

また、手続きに関してバレる可能性が低い金融機関を選んだとしても、延滞してしまえば自宅に郵便物が送られてきてしまうので、絶対に延滞することなく無理のない範囲でお金を借りるようにしましょう。

銀行でお金を借りる場合

郵便局が運営するゆうちょ銀行、農協などを含む銀行系からお金を借りる方法は大きく3つあります。まず元々まとまったお金は持っているそれには手をつけたくない方におすすめなのが、定期預金を担保にしてお金を借りる方法です。総合口座といって表面は普通預金口座、裏面は定期預金口座にできる通帳を作れば、普通預金口座に残高がなくても裏面の定期預金が担保となりお金を借りることができます。

 

まとまったお金がない方は銀行カードローンやキャッシングを利用することになります。これらは2つともほぼ同義で、申し込むことで審査が行われ、ご自身の年収などに見合った金額まで借りられる枠が作られます。その枠を限度額内であればいつでもお金が借りられるという仕組みです。返済も毎月返す方法だけでなく、臨時収入があったときに都度返せる銀行カードローンやキャッシングが多いので出し入れが多そうな方におすすめの方法です。

 

3つめの方法として、まとまった金額を一気に借りてしまう方法があります。この借り入れ方法の場合、大きな金額が1度に手に入りますが、返済日が月に1回しかない、また借りたいと思ったときに再度新しくローンを申し込まなければならない欠点があります。

 

消費者金融カードローンとは

どうしてもお金が必要だけど、自らに貯蓄がなく、周りの人から借り入れすることが厳しい場合に登る選択肢として「消費者金融」からの借り入れがあります。一昔前までは、そのようなところからお金を借りるのは恥ずかしいという風潮がありましたが、現在では大手の消費者金融会社は銀行の傘下に入っており、そのサービス・品質やコンプライアンス意識は飛躍的に向上したと言えます。

 

申し込み者が、金融機関から既に借り入れを行っていなかったり、ローンを組んでいなかったりする場合には、かなりの確率で借り入れを行うことが可能です。大手企業のカードローンは、提携コンビニATMで24時間いつでもお金の引き出しが出来たり、逆に返済することも可能であり、非常に便利です。

 

ただ、消費者金融にも大手、中堅、中小企業と階層があり、中堅中小と下がっていくに連れ、やはりキャッシング等のサービス・品質は落ちていきます。しかし反対に大手では融資を断られた人であっても、中堅・中小だと借り入れを行うことができます。今ではインターネットから申し込みを行い、必要書類をデータ送付や郵送することで申し込みが完結するところも多いですが、基本的には実際に店舗訪問での契約がスタンダードです。

お金借りるQ&A

土日や夜中にお金を借りる方法
土曜日と日曜日は銀行の窓口が休みなので、どうしても休日や深夜にお金を用意しなくてはいけなくなった時に困った経験をした方は少なくありません。また銀行カードローンでは借り入れに数日かかってしまうため、即日融資を受けたいという方には向いていないのです。そこで土日の夜中でも24時間コンビニatmなどを利用して即日融資が受けられるのが消費者金融のコンビニキャッシングを利用する方法です。

 

旅行先や出張先のコンビニでもキャッシングすることが可能ですし、借入先や提携先のATMが営業していない夜間も問題なく利用することが出来ます。さらに借入れだけでなく返済もコンビニで済ませることが出来るので、利息を抑えて返済することが可能です。

利息無しのキャッシングとは
銀行や消費者金融会社は、お金を貸すことで利息を発生させ、貸した金額より多く回収することで利益を上げています。したがって本来、利息を取らずにお金を貸し付けることは儲けが出ないため、行いません。しかし、新たな顧客を獲得するために消費者金融会社では「利息なしで借りられる」というサービスを始めるところが多くなってきました。

 

永遠と金利が掛からずにお金を貸して貰えるという話ではなく、期間限定が前提となります。その無利息が該当するサービスは、消費者金融会社によって内容が違いますので、しっかりと確認することが大切です。一例を挙げてみると「新規契約者のみ」「設定金額以上を借りた者のみ」などです。無利息期間は概ね30日間までと設定しているところが多いようですが、それもしっかりと確認しましょう。

電話連絡なし・在籍確認なしでお金は借りれるの?
お金を借りるということは信用力を担保にするということです。信用力が低いと借りることができず、カードローンの場合だと審査の通過率は70%程度となっています。申込者の信用力を判断する要素として安定収入がありますが、これを確かめるために在籍確認が行われています。会社に電話がきて申込者の在籍を確認されるわけですが、金融機関名ではなく個人名で連絡がくるので心配はいりません。

 

勤務先に連絡がくるのはほぼすべてのローンに言えることですが、借入が少ない場合は電話なしのケースもあります。最近は在籍確認をしない会社も一部に出てきているので、会社に電話されると困るという方は利用するといいでしょう。ただし必要以上に在籍確認を避けていると、無職を疑われる可能性があるので注意してください。

カードローンの申込み年齢
カードローンやキャッシングに申し込める年齢が何歳かというと、基本は20歳以上です。上限は各社で異なっているので確認が必要ですが、65歳までのものや70歳までのものなどがあります。中小の学生専用のローンを行っているものであれば、18歳以上であれば借りられるものがありますが、親の同意を求められるものが多いです。18歳未満であればこのようなローンでも借りられません。

 

あくまでも年齢で20歳以上と定義されており、成人であることではないので注意しましょう。法律上は20歳未満でも結婚していれば成人の扱いになります。しかし、結婚しても年齢が変わるわけではないため、カードローンなどの契約条件を満たせないので利用できないです。

総量規制について
総量規制とは2010年に改正された貸金業法で、年収の3分の1を超える融資は出来なくったことを言います。これにより返済能力を超えた借金をすることが難しくなり、多重債務で苦しむ人が減るというのが総量規制の目的です。

 

しかし、銀行カードローンなどは貸金業法ではなく銀行法に基づいて運営されているものなので総量規制対象外となり、年収の3分の1を超えても借金ができていまいた。そのことが問題視されて、2017年から総量規制対象外である銀行カードローンでも法による規制ではなく自主規制として総量規制を始めるようになりました。実際にそれをやっているのはまだ大手銀行くらいですが、いずれは業界全体が同じ方向へと進むことが予測されます。

ブラックでもお金を借りれる方法
ブラックリストに登録されている状況ではお金を借りることはできません。健全な消費者金融のWEBサイトにブラックOK、ブラックでも融資しますなどの言葉は一切見られないでしょう。キャッシングに申込するためには年齢が20歳以上で安定収入があること、そして個人信用情報機関にブラック情報が登録されていないことが基本となります。

 

ブラックでは金融機関から融資を受けることは不可能ですが、身内から借りる分には問題ありません。数万円などの少額なら身内に頼めば貸してくれることが多いでしょう。キャッシングを利用する場合はブラックリストから除外されることが必須となるため、5〜10年間は我慢する必要があります。キャッシングを利用できない期間中は、家計管理の見直しをするチャンスとも言えます。

無職でもお金を借りる方法
たとえ大学まで卒業していても、大手企業に入ったとしても今の時代は就職できなかったり就職した会社がつぶれたり・リストラの対象になったりと、あっという間に無職にならないとも限りません。ニートで無収入の人ほどお金は必要ですが一般的なカードローンではなかなか借りられないもの、でもそれ以外で借りる方法というのはいくつもあるのです。

 

それが、国の資金貸与や生命保険会社の契約者貸与といった手段です。いずれもカードローンよりも低金利で借りられます。それに、年金をもらっている人なら「安定収入がある」という条件を満たすことがえきるので、少なくともレイクやみずほ銀行のカードローンは利用できます。

 

失業中の今、資金不足に苦しめられること無く就職活動に集中できればいいですね。

母子家庭でもお金を借りる方法
母子家庭だとキャッシングは利用できないと思うかもしれませんが、まったく問題なく借入できます。20歳以上・毎月の収入ありの二条件を満たしていれば、信用力に基づいた融資を受けることができます。消費者金融から借りる場合は総量規制対象となるので、年収の3分の1以内に収まる点だけ注意してください。年収200万円だと60万円の借入はできる可能性がありますが、70万円だと無理ということです。

 

母子家庭だと借りるのが難しいという声がありますが、これは父子家庭と比べて年収が少なくなることが多いためでしょう。確かに年収が少ないと高額融資は受けられませんが、希望額を抑えれば借入できる可能性は高くなります。大切なのは返済能力の範囲内で希望額を設定することです。

自己破産でもお金を借りれる方法
自己破産をした方がキャッシングや消費者金融を再度利用することはハードルが高いように感じますが、実は探してみれば自己破産者でも借り入れが可能です。しかし金利や取り立てが心配という方で、担保にできるようなものがある方は担保つきであれば条件がより緩くなるキャッシングや消費者金融を選択すべきです。再度の自己破産は7年以上経ってからでないと不可能なため計画的に借りた方が良いです。

 

特に自己破産者がお金を借りるときに注意すべき存在は闇金業者です。固定電話でなく携帯電話しか連絡先がない、借り入れや返済のときに事務所やオフィスではなくファミレスなどオープンな場所でしか会おうとしない、携帯電話や通帳を提供するような指示がある業者は要注意です。

ヤミ金・サラ金とは?
よく耳にするサラ金は実はサラリーマン金融の略称ということをご存知でしょうか。サラ金では返せなくなったときに弁済に充てる担保などが不要でお金を借りることができます。ただし金利は銀行などより高くつくことがほとんどですが、利息制限法や出資法の範囲内での返済となります。

 

サラ金以外にヤミ金という存在もあります。ヤミ金ではサラ金と異なり法外な利息を請求してきたり、返せない場合は違法な取り立てを行う業者です。まさに闇の世界の存在です。ヤミ金では特に利息は業界用語でトイチと呼ばれる割合を請求してきます。これは10日間で10%の利息のことで、まず払えなくなる利率とされています。借金をするときは闇金以外から借りるのが賢明でしょう。

更新履歴
トップへ戻る